2005年10月20日

ダイエット 睡眠減らすより早寝が絶大効果

 新聞に、アエラ2005年10月24日号の広告が載っていて、その中に

「人気ダイエットこれだけの間違い
 睡眠減らすより早寝が絶大効果」

という見出しがあり、気になり、早速チェックしてみた。

 その記事では、巷に広まっているダイエットの間違った常識を否定する、ダイエット新理論を幾つか紹介。
 早寝ダイエット理論は、その中の一つ。
続きを読む
posted by SF Kid at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

脳のためにも睡眠と昼寝

メルマガ『学力・仕事力が驚くほどアップする超・速読&健脳講座』
  http://www.mag2.com/m/0000103663.html

 このメルマガは、ジョイント式速読法の新日本速読協会系列の速読メルマガです。
 2005年10月16日号では、睡眠と昼寝について触れられていました。

人間の大人でも同様に脳細胞は成長しており、それは記憶にかかわる海馬とい
う部位でよく見られるそうです。
海馬では1ヶ月で3%、1年で36%のニューロン(神経細胞)が入れ替わっ
ているのです。
そのようにニューロンが成長していれば、大人になってからでも性格は変化さ
せられますし、能力を向上させることができるはずなのです。

成長ホルモンは睡眠中に多く出るので、ニューロンは睡眠中に多く生産されま
す。
ですから十分な睡眠を摂ることが、脳には必要です。
ただし、新生ニューロンはストレスに弱く、十分なケアをしないとうまく成長
しません。
寝る前には、その日あった良いことを考えるようにしてください。
良い夢を見れば、良い睡眠が得られて新しいニューロンが生まれてうまく育ち
ます。

昼寝も脳に良い効果を与えます。
たとえば、記憶力は、朝起きてから時間が過ぎるとともに低下していきますが、
昼寝をすると記憶力が落ちない、という実験結果があります。
その理由は睡眠によって神経細胞が成長ホルモンなどでリフレッシュされるか
らだと推定されています。
30分ほどの昼寝でもよいそうです。

 睡眠時間を削って速読の練習していては本末転倒ということか。
 それにしても速読はマスターしたいものだ。
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆メルマガも出してます:睡眠開発計画
    http://sfclub.web.infoseek.co.jp/sleepdeveloper.htm
 ☆ブログ http://sfclub.seesaa.net/
      http://blog.livedoor.jp/sfclub/

(お願い)
  睡眠に関する情報、随時お待ちしております。
  特筆すべき情報の場合、改めてエントリーにて紹介させて頂きます。
posted by SF Kid at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

学校が昼寝のススメ

 本日10月13日の朝日新聞に、「学校が昼寝のススメ」という記事が掲載された。
 1学期に昼寝の時間を設けて成功した高校が2学期になって再開した、という。
 8月30日の記事の続編のようだ。この記事には覚えがない。見逃したのだろうか。

キャッシュが残っていました

  同時期の記事1
  同時期の記事2

 校長の提案で、久留米大学医学部の内村直尚助教授の協力を得て実施したという。
 いい校長に恵まれた高校やなあ。

 7月中旬の中間調査では「成績が上がった」などとする声が実践した生徒の2割からあがったほか、
「平日の起床や就寝の時間が一定」とする割合も9割を超えた。短時間の昼寝によって1日の生活リズムが整えられ、規則正しい睡眠が得られることがうかがえた。

  ★ミ ★ミ ★ミ
続きを読む
posted by SF Kid at 20:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする