2005年10月16日

脳のためにも睡眠と昼寝

メルマガ『学力・仕事力が驚くほどアップする超・速読&健脳講座』
  http://www.mag2.com/m/0000103663.html

 このメルマガは、ジョイント式速読法の新日本速読協会系列の速読メルマガです。
 2005年10月16日号では、睡眠と昼寝について触れられていました。

人間の大人でも同様に脳細胞は成長しており、それは記憶にかかわる海馬とい
う部位でよく見られるそうです。
海馬では1ヶ月で3%、1年で36%のニューロン(神経細胞)が入れ替わっ
ているのです。
そのようにニューロンが成長していれば、大人になってからでも性格は変化さ
せられますし、能力を向上させることができるはずなのです。

成長ホルモンは睡眠中に多く出るので、ニューロンは睡眠中に多く生産されま
す。
ですから十分な睡眠を摂ることが、脳には必要です。
ただし、新生ニューロンはストレスに弱く、十分なケアをしないとうまく成長
しません。
寝る前には、その日あった良いことを考えるようにしてください。
良い夢を見れば、良い睡眠が得られて新しいニューロンが生まれてうまく育ち
ます。

昼寝も脳に良い効果を与えます。
たとえば、記憶力は、朝起きてから時間が過ぎるとともに低下していきますが、
昼寝をすると記憶力が落ちない、という実験結果があります。
その理由は睡眠によって神経細胞が成長ホルモンなどでリフレッシュされるか
らだと推定されています。
30分ほどの昼寝でもよいそうです。

 睡眠時間を削って速読の練習していては本末転倒ということか。
 それにしても速読はマスターしたいものだ。
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆メルマガも出してます:睡眠開発計画
    http://sfclub.web.infoseek.co.jp/sleepdeveloper.htm
 ☆ブログ http://sfclub.seesaa.net/
      http://blog.livedoor.jp/sfclub/

(お願い)
  睡眠に関する情報、随時お待ちしております。
  特筆すべき情報の場合、改めてエントリーにて紹介させて頂きます。
posted by SF Kid at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする