2006年11月23日

恐怖の体験入学1週間(夢日記)

 本日11月23日は祝日で休み。
 油断して二度寝してしまった。
 その二度寝した時に見た夢。
 大概、起きるべき時にうだうだと惰眠をむさぼっている時の夢は早く終われ、と思うような嫌な夢が多いのだが、この時の夢はまさにそれだった。
 
 なぜか身分は高校入学前の中学生ということで、高校に入学する前に1週間の体験入学があるという。これは、標準的な1週間の時間割通りに沿って入学前に体験的に学習するのである。
 
 その中で、私が一番嫌だったのが軍事教練であった。
 これは体育の授業が改変されてできた科目であり、武道やら行軍やら竹やり訓練やら、戦争時代を描いたドラマやら小説やらマンガやら、戦時中の歴史やらで知っているような軍事教練である。
 
 高校は、私が通っていた高校がベースになっているが、それよりも非常に大きくなっていた。かつて私が通った大学よりも大きい。
(私が通った高校は1学年が10クラス近くあるマンモス校だった)
 学年や技能科目ごとに教室棟があり、さらにクラブ棟まであって複雑に入り組んでいる。
 
  
 体験学習1日目の午前中の授業が終わり、他を歩いてみた。
 体育棟は立派で豪華で、体育館が幾つもある。
 まだ授業が終わらず、延長して軍事教練を行っているクラスもあった。
 1クラスに5人もの教師がいて、皆武道着を着て武道の授業を行っていた。
 うわ、怖いと思って急いで走り抜けた。
 すると、次の瞬間には時間軸が移動して、私が軍事教練を受けている授業になった。
 一列に並んで授業を行っており、私がなぜか先頭で、その前には指導教官がいた。目が大きく、左右の目の間隔が広く、背は私より小さいが、手が非常に長かった。
 教官が私の胴に空手の突きを入れて痛かった。もっと鍛えて慣れなければいけない、と思った。
 
 と思うと、また昼休みの瞬間に戻り、12時30分頃の少しすいてきた食堂で昼食を取っていた。
 大便を催してきたので、1時の授業が始まる前にトイレで済ましておこうと思ってトイレを探した。
 クラブ棟に迷い込んだ。クラブの部室が並んでいた。
 トイレを探したが見つけることができない。
 慌てて探していると、なぜか身分は放射線技師になっており、急ぎでCT検査を行ってほしい、と看護師に言われていた。
 トイレとCT検査を早く済ませて次の授業を受けなければ、と思っていると、また場面が変わった。

 今度は、「木々高太郎博士の火事場研究所」という箱入りハードカバーの本を読んでいる場面になった。
 これは、医学部の書誌部部長であった木々高太郎博士が書誌部が火事になって焼けてしまった後、焼け残った1階の部屋に入って記した書物である。
 この本を箱から抜いて読んでいると、中から、前に読んでいた人が挟んだメモが出てきた。

 ここで目が覚めた。夢の中では大便をもよおしていたのであるが、目が覚めるに連れて便意はなくなっていった。
 最後の木々高太郎博士の本については、もっと詳しいシチュエーションがあったと思うのだが、目が覚めてから忘れてしまった。
 本に挟んでいたメモについても、記述を覚えていたのだが、目が覚めてから忘れてしまった。
 やはり起きた直後に詳しくメモを取っておかないと忘れる。
 
 私は腸に不安があり、普段からトイレのことが気になる。トイレのことが気になって旅行も億劫になるくらいである。
 だから夢にも、トイレに苦労する夢が非常に多い。
 今回もまた、トイレに苦労する夢だった。

 今回の夢は、軍事教練という、今までにないモチーフが現れたのが新しい変化である。
 物心ついたころから体を動かすのが嫌いで、外に出て遊ぶより、家の中で物を書いたり読んだりするのが好きだった私は、小学生の頃から体育の授業と運動会が大嫌いだった。大学の教養課程が終わって、もう体育の授業から解放された、と思ってほっとしたくらいである。
 しかしこの夢では、体育の授業なんか比べ物にならないくらい恐ろしい軍事教練である。戦前の軍国主義とつながる暗黒タカ派政権の下で教育基本法の改悪が現実性を帯びてきて、奉仕活動の名のもとでの軍事教練が検討されている今、荒唐無稽でも何でもない、未来を警告するかのような夢である。
 下流で負け組で経済弱者に落ちぶれて不安な生活を送っている私が見た、未来を警告する夢であろうか。
 この夢の記録を残しておくことで、はるか未来の人々が、やがて来る混乱と破滅の時代の直前に名もない庶民が見た警告の夢、ということで一つのエピソードとして顧みられるであろうか。
 
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   市井のディレッタント
   市井のディレッタント 冒険記
   【2006年】★大逆転カレンダー★!
posted by SF Kid at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28099169

この記事へのトラックバック