2007年05月02日

最強企業はなぜM型なのか?

4766210506最強企業はなぜM型なのか?―成功するM型仕事術のすすめ
峰 如之介
グラフ社 2007-03

by G-Tools


M型【えむがた】
M(モーニング)タイプ、朝型の意。
広義では、早朝から積極的に活動をおこすビジネスピープルのことも指す
「――人間がビジネスを制す」

残された最後のビジネス資源、朝。
最強の仕事術がここにある!  (帯より)



“M型”とは、著者・峰如之介氏の造語のようで、以下のように説明されている。

  
M型ビジネスピープル
 ……早朝志向のトップランナーたち
M型マネジメント
 ……早朝のタイムマネジメント

 しかし、単純に「朝型ビジネスピープル」「朝型マネジメント」では駄目なんだろうか?確かに横文字にすれば新しく感じるが。それなら
“モーニング。ビジネスピープル”というのはどうだろうか?
 昔、野村正樹師が『朝・出勤前90分の奇跡』で、“早起き鳥人”(アーリー・バーダー)という呼び方を提唱されていた。

4569571603朝・出勤前90分の奇跡―人生を変える(アーリー・バーダー)「早起き鳥人」のすすめ
野村 正樹
PHP研究所 1998-06

by G-Tools


 野村正樹師のこの本の初版は1996年に出版された。その前後から早起きに関する本は多く出されてきた。
 今回出た峰師の著書は、タイトルに“朝”“早起き”などの言葉を使わず、あえて“M型”という言葉を使ったことが大きな特徴。タイトルを見ただけではさすがの朝&早起き本マニアも気付かず、見過ごしてしまいそうである。
 また、今までの朝&早起き本は、どちらかといえば普通の人を対象として書かれていた。負け組経済弱者の私が読んでも何の違和感がない自己啓発の本として書かれていた。
 しかし本書の最大の特徴は、現代の日本で勝ち組と言える、大企業のトップや幹部への取材のみで成り立っているということである。
 登場・取材されているのは、キヤノンやワタミやセブン・イレブンなどの勝ち組超巨大企業のトップや幹部のみ。自分とは立場が全然違って、気後れを感じてしまうような方々ばかりである。
 こういった方々は皆、早起きをしてバリバリと仕事を押し進めている。早起きしているからこそ、これだけの地位に登りつめた、ともいえるし、これだけの地位を維持するためには早起きすることが必要、とも言える。

 キヤノンには昔から、役員は社員より早く出勤するという伝統があるそうな。そして毎日始業前に自主的に集まって早朝会議をしているという。その伝統の中から頭角を現してきたのが御手洗冨士夫会長だという。
 この御手洗という政商、サービス残業を法制化しようとしたり(ホワイトカラー・エグゼンプション)、偽装請負が発覚すると「法律の方が悪い、法律を変えるべき」と逆ギレしたり、『希望の国、日本』とかいうふざけた“日本の庶民奴隷化政策”を提言したり滅茶苦茶な奴かと思っていたが、口ばかりで実力のない人間ではなく、有能な人物だったんだな。
 自分にはできそうもないことを下に押し付けているのではなく、自分が行ってきて成功し、トップに登りつめたという滅私奉公の精神を日本国民全体に押しつけようとしているのだろう。

 しかし、御手洗氏が行ってキャノンのトップにはなることができたが、日本国民全員が行っても社長や会長にはなれません。そんなにポストはないんだから、いくら御手洗氏並みに滅私奉公しても係長レベル止まりだろう。まあ独立起業できればいいのだが。早寝早起き早朝起業が最善。
 ホワイトカラー・エグゼンプションは年収900万円以上が対象だとか、400万円以上が対象だとか言われている。幸か不幸か私の年収は400万円ないので、対象外だ。しかし私はWE制は労働現場における民主制の敵だと認識しているし、その導入を意図している連中も敵だと見なしている。
 その敵は早起きしてビジネスに政治に人生に大活躍している。
 労働現場の民主化を守ろうとしている我々も早起きして対抗しなければなるまい。

……おおっと、早起きの話が何でこんな話になってしまったんだ!?いつもの書き方と全然違うではないか。
 早起きしてビジネスや人生を改善、いい話や、とでも書いてお茶を濁ごしとけば良かったのに。“宿敵”と見なしている人物が出てきたのでつい熱くなってしまった。
 脱線してしまったが、『最強企業はなぜM型なのか?』は絶対に読むべし。現代日本経済を動かしているエグゼクティブ達はこれだけのことをしている。不平不満を言う前に、彼らと同じこと、或いはそれ以上のことを行い、その上で主張するべきことはする。怠け心に喝!
 ともかく結論!
1)早起きは絶対にするべし!
2)サービス残業反対!ルールと良識ある労働環境を!

にほんブログ村 健康ブログ 睡眠へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。

☆SF Kidの本棚……睡眠開発BOOKS!
  http://www.g-tools.net/17/26612/index.html
 
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   市井のディレッタント
   市井のディレッタント 冒険記
   【2007年】★大逆転カレンダー★!
posted by SF Kid at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠開発BOOKS! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40621422

この記事へのトラックバック