2005年06月22日

早起きして喫茶店で自己啓発

 私は睡眠開発計画という、睡眠や早起きをテーマに色々研究してきました。
 早起きをテーマにした本では、よく、早目に家を出てすいている電車に座って勉強する、ということが書かれています。
 私の場合は幸い職場に近い所に居住しており、自転車で15分程度という利点を最大限に利用しています。
 従って、上に書いたような事例は、本で何度も読んではいますが、実際には見たことありません。
 しかし、新聞の投書欄に書かれていて驚いた。ついに新聞の投書欄にまで報告されるほど、普及してきたということです。

 6月20日のある新聞投書欄に載った投書です。
 この方は、満員電車を避けるために30分ほど早めの電車に乗り、余った時間をコーヒーショップで過ごすという。
 そのコーヒーショップでは、多くの中年から若い人までが勉強しているという。

 週末起業を提唱した藤井孝一さんのこの本だったかな、
   ★週末起業を超える成功のやみつき法則
藤井さんもサラリーマン時代、資格取得に向けて早朝、喫茶店で勉強されていたそうです。
 その喫茶店には他にも色々と資格勉強されていた人もいて、座席も決まっていたそうな。
 そしてある時を境にいなくなる人もいて、そんな時はあの方は合格したんだな、と励みに思ったそうです。
 なかなかドラマを感じさせるエピソードです。

 早起き朝型生活がが見直されている今、このようなドラマが日本各地で見られるのでしょう。
  ★ミ ★ミ ★ミ
 一方、中島孝志さん流にいくと、喫茶店には行かず、朝一出社して存在感を増す、という方法もあります。
   ★「朝型人間」の成功哲学―決め手は朝45分の“早起き”にある!

 私も社会人で、現在資格試験取得に向けて早朝勉強しています。
 こういったことを毎日少しずつ行うことが、長い目で見ると大きな結果を生むのです。
 しかし、参加することに意義があるのではないでしょう。社会人ながら貴重な時間を資格試験に費やすのだから、無駄なことはできません。
 結果を出すことが求められます。
 同じ立場の皆さん、有意義な時間を持つようにしましょう。

 受験と言えば、大学受験。
 大学受験といえば、夜食なんか食べて遅くまで夜にやるというイメージがあります。
 こういう不健康で非能率的なイメージは払拭しないといけません。
 中学高校生にこそ、早寝早起きの習慣が広まるべきでしょう。

   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆メルマガも出してます:睡眠開発計画
    http://sfclub.web.infoseek.co.jp/sleepdeveloper.htm
 ☆掲示板
    http://www.startingweb.com/bbs.cgi?job=bbsidx&bbsid=3899

(お願い)
  睡眠に関する情報、随時お待ちしております。
  特筆すべき情報の場合、改めてエントリーにて紹介させて頂きます。
posted by SF Kid at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4542141

この記事へのトラックバック