2018年02月06日

仕事が速い人のすごい習慣

仕事が速い人のすごい習慣&仕事術 残業せずに目標を達成する技術 -
仕事が速い人のすごい習慣&仕事術 残業せずに目標を達成する技術 -

 


 
「仕事が速い人のすごい習慣」が60近く紹介されています。
 著者は日本を飛び出してアメリカで起業して国際的に活躍されている方だから、書かれていることは実践的です。ワンマン起業家が社員に求めている姿勢とも言えます。
 本書に書かれている習慣を習慣化していくことはビジネスパーソンとして有利に働くと思います。

 
「朝に勝つ人は1日に勝つ
 1日に勝つ人は人生に勝つ」

  
と何度も書かれていて、特に早起き・朝活に重点が置かれています。
(本書出版当時はまだ「朝活」という言葉は普及していなかったと思うが)
 当時私も本書を読んで早起き・朝活を心がけていたのでしたが、全然できなかったのでした。
 それは精神的に弱かったからではありません。
 短時間睡眠をマスターするという間違った目標を達成することに固執していたからでした。
 人間には個人差があり、必要な睡眠時間にも個人差があります。
 マイナス思考で内向的で精神的ストレスに弱い私はロングスリーパーなのであり、6時間の睡眠時間でも不足だったのでした。
 5時間睡眠や6時間睡眠という無駄な努力に20年もこだわり続けたために(精神力が強いとも言える)人生から落伍し、人生をあきらめてようやく自分には7時間半の睡眠が必要なのだと気付いたのです。
 睡眠時間については精神力では短くすることはできません。身体と精神が必要な分だけ取る必要があります。
 よって、本書には触れられていない重要な習慣・本書に書かれた法則を実行する前提条件としてそもそも必要な法則を加えさせて頂きます。

 
 
「自分にとって必要な睡眠時間を見極め、必要な睡眠を取ること」


 
人生が破綻する!「朝90分人生を滅茶苦茶にする法」
  http://sfclub.seesaa.net/article/249034144.html
OLDIES 三丁目のブログ
■[健康]拒食症と拒睡眠症
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20130428/p1

 
ブクログ
 https://booklog.jp/item/1/4569649726 2006年版
 https://booklog.jp/item/1/4569671756 2009年文庫版
 https://booklog.jp/item/1/4569770118 2009年マンガ版
 https://booklog.jp/item/1/4569798764 2011年図解版
読書メーター
 https://bookmeter.com/books/457962
 https://bookmeter.com/books/106459
 https://bookmeter.com/books/518471
 https://bookmeter.com/books/4037490  
  ★ミ ★ミ ★ミ
にほんブログ村 健康ブログ 睡眠へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)  
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   万年週末占い研究青年の覚え書き
ラベル:朝活
posted by SF Kid at 20:22| Comment(0) | 睡眠開発BOOKS! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。