2018年02月27日

ポー『早すぎる埋葬』に見る“悪夢療法”(ネタバレ注意!!)

早すぎる埋葬 -   早すぎる埋葬 -

 

 
 ポーの短編『早すぎる埋葬』の冒頭では、死んだと思って埋葬した人が実は生きていたという事例が続々と描かれています。「類癇」「全身硬直」「カタレプシー」と言われる症状のようです。
 今では考えられないことですが、医学が発達していない当時はそんなことがあったのですね。
 本作品は、時々この「類癇」の発作に襲われる語り手が、死んだと間違えられて埋葬されることを恐れるあまりに精神的に病的になってつらつらと愚痴を書きつらねています。
 そしてついに恐れていたことが起こった!男が悪夢から目が覚めると埋葬された後だった!
 と思ったら夢だった!
 それ以来、男は精神的に健康的になり、「類癇」の症状も治まりましためでたしめでたし。

   
 まさかの夢オチでした。
 前半から中盤にかけての病的な書きぶりに比べ、ラストのあっけらかんぶりの落差。
 しかし語り手も心身ともに健康になってハッピーエンドで終わったのだからいいではないですか。
 普段から恐れていたことを夢に見てそれが治癒のきっかけとなったというのは、心理的な教訓を含んでいると思います。
 フロイトの精神分析では神経症の原因が分かれば症状は改善するということです。
 悪夢を見て精神が改善するとは、いわば“悪夢療法”“夢療法”といったところでしょうか。

 
青空文庫 図書カード:No.2526 早すぎる埋葬
 http://www.aozora.gr.jp/cards/000094/card2526.html
  http://www.aozora.gr.jp/cards/000094/files/2526_17682.html

 
  [wikipedia:早すぎた埋葬]
  [wikipedia:カタレプシー]

 
ネタ・ヴァレー
【ネタバレ】「早まった埋葬(早すぎた埋葬)」エドガー・アラン・ポオ
  http://puripuriouch.at.webry.info/201404/article_8.html

 
ブクログ
 https://booklog.jp/item/7/002526
 https://booklog.jp/item/1/B009KSS000
読書メーター
 https://bookmeter.com/books/11536476 
 https://bookmeter.com/books/5611324 
  ★ミ ★ミ ★ミ
にほんブログ村 健康ブログ 睡眠へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画weblog   
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   万年週末占い研究青年の覚え書き
posted by SF Kid at 20:38| Comment(0) | 睡眠開発BOOKS! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。