2018年10月19日

一流の男は精力が強いのか?

なぜ一流の男は精力が強いのか? 男性ホルモン力を上げれば人生が変わる  なぜ一流の男は精力が強いのか? 男性ホルモン力を上げれば人生が変わる

 

 
 三流の男でも精力だけは強い奴もいますで。強姦犯や痴漢なんかそうでっしゃろ。
 それはともかく、本書の記述によると、男性ホルモンの分泌が低下すると老化が進む!メタボが進む!競争心もなくなる!うつ状態になる!
 これは大変だ!
 しかし、男性ホルモンで禿げるというのはどうなんでしょうか。
 それについてはこう書いてあります。

 
「問題はテストステロンの分泌量よりも、テストステロンをDHTに替える5α―リダクターゼの分泌量に差があること。それがAGAになる人とならない人の違いとなってあらわれるのだ。」
「「いま、ハゲは世界でクール」。ハゲは「かっこいい」という。アマゾンやマイクロソフト、ゴールドマンサックスといったアメリカの有名企業のトップに共通するのは「ハゲている」ことだそうだ。」
「世界では、堂々とハゲをさらすことにかっこよさを感じるような時代になってきたのだ。」

  
……何か胡麻化されているような記述。
 私なんかどう考えても男性ホルモンの分泌が足らなそうな性格なのに、頭の特定部分が薄くなってきている。
 5α―リダクターゼの分泌が過剰なんだろうか。
 それとも、単なる円形脱毛症なんだろうか。

    
 男性ホルモン値の高低を見る簡易な方法として、人差し指と薬指の長さを見る方法があるという。
 薬指が長いほど男性ホルモンの分泌が多く人差し指が長いほど女性ホルモンの分泌が多いという。
 私は薬指の方がかなり長いのですが、そんなに男性ホルモンが多いかのう?
 他の人の指もさりげなく見て調べてみよう。

 
ブクログ https://booklog.jp/item/1/4766785924
読書メーター https://bookmeter.com/books/9693074  

 
にほんブログ村 健康ブログ 睡眠へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。

 
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!) 
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   万年週末占い研究青年の覚え書き
posted by SF Kid at 20:50| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: