2019年04月11日

足の裏で血圧が下がる―驚異の症例・中国500年の秘法 安達一二三

足の裏で血圧が下がる―驚異の症例・中国500年の秘法 (1981年) (かんきブックス)
足の裏で血圧が下がる―驚異の症例・中国500年の秘法 (1981年) (かんきブックス)
 

 昭和56年(1981年)発行。
 足をマッサージしたりするんかと思って読んでみたら、足の裏に「明仙華」という薬を塗るということだった。
 しかもこの薬、粉末を容器に入れて卵の白身を入れて混ぜ合わせて作るという、少々手間がかかります。
 今でも売ってるのかと検索すると、一部の薬局で販売しているようです。
 著者の安達一二三氏の薬局は今でも現存していて、今は息子さんが後を継がれているようです。
 本書の巻末に「全国血圧研究会会員一覧」という薬局リストが掲載されていますが、今ではもうないようで、安達漢方薬局からもリンクされていません。
 
 本書の記述で面白かったのは、大根を食べると漢方薬が効きにくくなるということ。
 中国の人は大根をあまり食べなくて大根を用いた中華料理も少ないそうです。
 そういえばそうですね。今度中華料理を食べる時、大根が入ってないか観察してみましょう。
  
ブクログ https://booklog.jp/item/1/B000J7Z6TO
読書メーター https://bookmeter.com/books/3922416
  
安達漢方薬局 http://www.adachi-kanpo.co.jp/
  
万年週末占い研究青年の覚え書き
 秘伝・足相術 旅籠の当主の職人技 手塚昭次師
  http://iching.seesaa.net/article/456764976.html
 決定版!神秘の足の裏「ツボ」健康法―足の相を見れば病気がわかる本 五十嵐康彦師
  http://iching.seesaa.net/article/456348782.html


   
  ★ミ ★ミ ★ミ

 
にほんブログ村 健康ブログ 睡眠へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。

 
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!) 
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   万年週末占い研究青年の覚え書き

posted by SF Kid at 06:41| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: