2020年01月15日

日本人の5人に1人?睡眠障害

 睡眠開発計画 参加者諸君!
 睡眠開発計画 支部局長 SF Kidである!

 また久しぶりの発行になってしまった。
 諸君においては、睡眠開発計画を順調に遂行していることと思う。
 ようやく春になったと思っていたら、暦の上では今日からもう夏ではないか!
 気候が良い頃なので、朝の目覚めもスムーズで、早起きの習慣をつけるには絶好
の機会である。
 これからより一層、励んでいこうではないか。


 ところで、睡眠開発計画の新しいウェブログを作成した。
 今まではSFや超常現象の話題と同居させていたのだが、睡眠開発計画の話題を
独立させることにしたのである。
 まだまだコンテンツは少ないが、さすがにこのメルマガより更新は多くなると思
うので、時々訪れて頂ければ幸いである。
 コメントやトラックバックもお待ちしている。
   http://sfclub.seesaa.net/

 さて、今回まず最初に、非常にショッキングな本を紹介せねばなるまい。
『断眠―人は眠らないとどうなるか?』山田 鷹夫 (著)
  
   ★断眠―人は眠らないとどうなるか?
  
 著者の山田師は以前、『人は食べなくても生きられる』という書を著して話題に
なった方である。
 今回はとうとう、断眠に挑戦されたようじゃ。
 かつて短時間睡眠に何度も挑戦して失敗してその後遺症に悩んでいる吾輩として
は、考えるのも恐ろしい世界である。
 しかし、良質な睡眠を得られるための何らかのヒントが得られるかも知れぬ。
 要チェックである。
  
 ◎ 母と子を襲う睡眠障害 ★ミ

「痛快!エブリディ」という朝の情報番組がある。
  http://www.ktv.co.jp/b/everyday/
 恐らく、関西ローカル番組であろう。
 吾輩はもちろん仕事があるので普段は見ていないのだが、偶然新聞で睡眠障害の
特集があるのを知り、録画して見ることができた。
 見られなかった人も多いと思うので、今回はこの番組のレポートを送る。

 痛快!エブリディ 水曜特集
  日本人の5人に1人?睡眠障害
  あなたは眠れますか? 母と子を襲う睡眠障害
    http://www.ktv.co.jp/b/everyday/contents/wednesday.html

 日本人の6割が、日中に眠気を感じるという。
 確かこのメルマガでも発刊当時、日中に眠気を感じるかというアンケートを実施
したことがあった。
 日中眠気を感じるのは、吾輩の場合、いつものことである。
 アンケートには、眠気を感じないという人もおられて、そんな人がいるのかと驚
かされた。

 しかしこんな吾輩でも、よくよく思い出してみると、短時間睡眠法に挑戦する
以前は、日中に眠気を感じたことはなかったのである。
 幼稚園の昼寝の時間でも眠ったことはなく、いつも寝たふりをしていたくらいである。
 そう考えると、短時間睡眠法への挑戦と失敗によって、日中に睡魔を呼ぶことに
なってしまった。深い傷を残したものである。

(お肌のために12時前に寝るべきですか?)

「よく眠ると美人になる!」
 睡眠不足は肌にも大敵ということである。
 睡眠不足により、細胞の回復が遅れたり、細胞が水分不足になるという。
 ブログでも以前、12時前に寝ると美容にいい、とする女性誌の記事を紹介した
ことがあった。
   http://blog.livedoor.jp/sfclub/archives/9270338.html

 今回の番組でも、「お肌のために12時前に寝るべきですか」とゲストの人が専
門家に質問していた。
 今回、睡眠の専門家として、宮崎総一郎先生(滋賀医科大学教授)が呼ばれてい
た。

 宮崎先生は、入眠後の3時間は成長ホルモンが分泌される大切な睡眠だからその
時は起こしてはいけない、しかし規則正しく最低6時間は睡眠を取れば大丈夫でしょ
う……という、12時前にはこだわらない立場のようであった。
 
 意地悪なゲストがいて、
「朝6時から昼12時までの睡眠でもいいんですか」
と質問。
「それがあなたのリズムになっていれば、それでもいい」
と答える羽目に。

 しかし、いくら何でもこれはないだろう。
 そもそも今回の特集は、夜行性ベビーなど、夜眠れないことを問題として取り上
げているのだから。
 番組冒頭でも、「人間はそもそも太陽とともに行動する昼行性の動物で……」と
いうようなことを言っているのだから。

 しかし夜に働くために昼夜逆転の生活をしている人や、変則勤務制で、昼勤務と
夜勤務のシフト性の人もいるだろう。
 そのような方々は、人間本来のリズムがどうのこうの……何て言っていられない。
実際に働かねばいけないからである。
 必要に応じてリズムを整えていくということも必要であろう。

(昼寝のススメ)

 反響はなかったが、以前、「昼の10分瞑想運動」を提唱したことがあった。
   http://sfclub.seesaa.net/article/473075006.html
   http://blog.livedoor.jp/sfclub/archives/7145434.html

 昼寝が必要不可欠な吾輩にとって嬉しいことに、この番組では、昼寝を推奨され
ていた。
 大人は30分、子どもは1時間ほど眠ればいいそうである。
 睡眠の1リズム=90分も眠ってしまえば眠りすぎで、それだけ取ると夜眠れな
くなる恐れがあるという。
 また、昼寝では成長ホルモンは分泌されないので、成長期の子どもはやはり、夜
に寝ることが必要だという。
 この点から見ても、やはり先ほど問題にした「朝6時から12時までの睡眠」は
やはり、人間本来の生体リズムに反することが分かる。
 少なくとも成長期までは、やはり夜に眠りたいものである。

(子どもの睡眠が危ない!増加する夜行性ベビー)

 夜寝るのが遅い子どもが増えているようである。
 親が寝るのが遅いのも一因という。
 何やらダラダラした母親のインタビューが続き、日本の未来に不安を感じる。
 そこで、神山潤先生登場!

「子どもにかかわる職業の人は、子どもに夜ふかししてもいい、とは、口がさけて
も言ってはいけない!」
「夜更かしは生活習慣病です!」
「寝ないと太る!」
「寝ないとメラトニンやセロトニンの分泌が不足し、心身に不調が起こる!」
 
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4895792765/nijusseikisfc-22/ref=nosim
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000093215/nijusseikisfc-22/ref=nosim
  
と、夜更かしを徹底的に批判!

 ここで、早寝早起きに取り組む幼稚園が実例として紹介されていた。
 昼寝の様子も紹介されたが、なかなかうまいやり方である。
「黒板さん、おやすみなさい。蛇口さん、おやすみなさい」
と、教室内の色々なものに挨拶をしていくのである。
 これが睡眠儀式となり、また、自己催眠効果を演出している。
 夜は瞬間的に眠ってしまう吾輩には必要ない方法だが、不眠に悩む人にとっては
参考になる方法ではないか。

(睡眠障害を改善する5か条)

1 早く寝かせる
2 早目に風呂に入れる
3 (午前中に)陽の光を浴びる
4 昼間に運動する
5 朝ごはんを食べる

 最後の朝ごはんを食べること、これは早寝早起き系の人に多い意見である。
 寝起きに太陽の光に当たることで頭をリセットし、朝食を食べることで体をリセ
ットするということである。

 ところが最近、朝食を食べない方が体にいい、という意見も出てきているのであ
る。
 アンチエイジングという理論でも、そういうことになるらしい。
 何やら難しい健康法の理論では、午前中は浄化と排泄の時間帯というようで。

 ううむ。そんな理論があるのなら、無視できない。
 しかし吾輩としては、古典的な理論、すなわち、脳の栄養補給のために朝食が必
要、という理論も捨てがたい。

 朝食必要派、不要派どちらの理論ももっともである。後は、個々人がどちらの理
論を採用するか、自分の頭や心や体と相談して決めることであろう。
 吾輩は今のところ、従来通りの朝食必要説を採用することにする。

 子どもを寝かせるついでに親も寝たらいい、というような話題になって、
「そんな時間に寝てられんわ」
と桂小枝らが言っていると、ほんこんさんが
「わし、子どもと一緒に寝ているで」
と。
 何とほんこんさんは、子どもさんと同じように、夜8時から朝6時半まで寝てい
るという。
 
(子どもの睡眠時無呼吸症候群)

 子どもにも、睡眠時無呼吸症候群があるという。
 繰り返す感染症により扁桃腺が腫れて気道が狭くなったり、鼻の病気などが原因。
 いびきをかいている時に、胸がへこむのが特徴。
 ひどい時には、胸の骨が変形して胸がへっこんでしまう。
 いびきをかいているときの胸の状態をビデオにとって専門医にみてもらうこと。

 番組ではその他に、
大阪府立健康科学センター(ゲンキープ大阪) http://www.kenkoukagaku.jp/
の「快適睡眠コース」 http://www.kenkoukagaku.jp/5f/5f_doc_e.html

ナショナルセンター東京 http://national.jp/center/tokyo/
の「スイミンルーム」
も紹介。
 ナショナルセンター東京のスイミンルームは、HPに掲載されていないぞ。一般
向け公開はされていないのだろうか。

以上、
2005年05月 05日  に発行したメルマガ
睡眠開発計画 −37 立夏号
から抜粋しました。




   
  ★ミ ★ミ ★ミ

 
にほんブログ村 健康ブログ 睡眠へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。

 
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
   少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!) 
 ☆相互紹介
   OLDIES 三丁目のブログ
   万年週末占い研究青年の覚え書き
posted by SF Kid at 20:06| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: