2008年02月05日

朝4時の笑顔支える「分眠」

 朝日新聞緑のbe1月20日号の連載コラム「元気のひみつ」は、フリーアナウンサーの中田有紀さんだった。



 

 
  
 中田さんは毎朝4時から始まるニュース番組のキャスターを務めて6年になり、深夜の1時過ぎにスタジオ入りするという。
 
 4時から出演だと、3時間前から準備するのか。1時といえば、朝というより、夜である。
 
 朝の仕事を始めてから分眠を始め、1〜2週間で体がなじんだという。
 
 朝の仕事を終えての午前9時から12時、再び仕事をした後の午後9時から12時の2回、できるだけ家に戻って眠る。

 
 確かに3時間ずつ眠って合計6時間。時間的には足りているだろう。
 しかし、午前9時から12時に睡眠時間をとっているところが特徴的である。
 定説では、人体リズムから見ると、午前中は活動に向いているとされている。多くの睡眠本・早起き本・時間活用の本では、午前中の方が能率が上がるので午前中に集中して仕事をせよ、と説いている。
 しかし中田さんは仕事の関係上、この午前中に睡眠時間を取る分割睡眠をとり、成果を上げている。
 目的意識で自己管理すれば何でも可能になる、という事例ではないだろうか。
 


 
 分割睡眠は理にはかなっているとは思うのだが、いざやってみようと思うとなかなかできないものである。
 一般的な勤め人にとってはとっつきにくい睡眠法ではある。
 
にほんブログ村 健康ブログ 睡眠へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
 ↑日本にブログ文化を!ブログランキング にほんブログ村
 に参加しています。クリックよろしくお願いします。

 ☆SF Kidの本棚……睡眠開発BOOKS!
   http://www.g-tools.net/17/26612/index.html
 
◎この「睡眠法データベース」は、新聞や本やTVで発見した、色々な人の睡眠法に関する情報をメモするカテゴリです。
 
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   総合科学部 よろづ取扱い科
   『三四郎』な人生論
   人生大逆転!カウントダウンカレンダー
posted by SF Kid at 23:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 睡眠法データベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

時をかける少女
Excerpt: 原田知世に尽きますね。尾道の情緒ある町並みを歩き、ラベンダーの香りに戦く。少女の揺らぐ心理を見事に演じてます。尾道の夜のシーン、教室のシーンが印象的です。郷愁をかき立てます。どれも21世紀には存在しな..
Weblog: SFがたくさんあります
Tracked: 2008-02-06 21:02