2007年08月11日

試合に合わせて朝6時に練習

 朝日新聞朝刊8月10日のスポーツ面
「五輪 メダル大作戦2 競泳 午前決勝へ朝6時練習」
 
 競泳の主要大会は夕方から夜にかけて決勝を行うのが通例だが、北京五輪はアメリカのゴールデンタイムに合わせるため、午前10時(日本時間午前11時)から決勝を行うため、それに合わせた練習をしている。
 朝5時に消化のいいおかゆを食べ、朝6時から練習を始めているという。

続きを読む
posted by SF Kid at 22:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

サマータイム導入は早起き生活者にとっての危機!サマータイムには反対します!

 この日本でサマータイムの試行!?

[サマータイム]日本経団連や大手銀行で試行始める 2007年08月01日10時55分

 夏本番の8月。長い昼間の時間を有効に使おうと、日本経団連や大手銀行では1日からサマータイムの試行を始めた。

 午前9時半からの勤務時間を1時間繰り上げる「エコワーク月間」を始めた日本経団連事務局(東京都千代田区)では、午前7時半ごろから職員がポツリポツリと出勤。正面口は8時半開門のため、警備員が待機する通用口からビルに。中堅の男性社員は「初日のため、通勤の都合がわからず早めに起きた人が多かったのでは。朝早いとさわやかで気持ちがいい」と、ちょっと眠たそう。

続きを読む
posted by SF Kid at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

昼寝は心臓にやさしい

 職場の食堂のTVが昼食時に“おもいっきりテレビ”を放送していた。
 本日のテーマは
「猛者に勝つ心臓強化法」
というもので、丁度いいタイミングで昼寝と心臓についてやっていて、昼寝を30分程度取れば、心臓の負担を軽減できるといったようなことを言っていた。
 

続きを読む
posted by SF Kid at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

元気のひけつ 朝食のすすめ

 朝日新聞日曜be4月1日に
“元気のひけつ 朝食のすすめ”
という記事が掲載された。

 この記事では、朝型の生活と朝食をすすめている。

続きを読む
posted by SF Kid at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

自分の状態を良くするポイントは「睡眠」

「春夏秋冬サイクル」「開運・占星学」「人生を愉しむ」「和」といったテーマや話題を盛り込んだメールマガジン
 
シーズンズメルマガ「SEASONS LETTER」
 http://www.seasons-net.jp/wss/site.cgi?mode=main&newno=3
で、興味深いことが書かれていました。
 
 メルマガ筆者がタクシーに乗ったところ、タクシーの運転手が機嫌がいい。その日は中長距離客が多く、実入りがいいのだそうだ。
「類は友を呼ぶ」
ことはあるという。
(しかし利用者にしてみれば、短距離利用で嫌がられるのは不便である。料金体系を変えて、短距離利用でも採算が合うようにして短距離利用歓迎、というようにすればいいのにとも思う。)
 
「やっぱり、似た人同士が引き合うということってあるんですね。
しかも、お互いに知らないはずの、タクシーの乗客の間でも、
類友の現象が見られるというのは、興味深い話です。」
 
 さらに違いが生じる要因として、自分の状態があるという。

「自分の状態がいいと、カンがはたらきやすくなって、そういう
お客さんを拾いやすくなるんです。流れみたいなものをつかむ、
っていうんでしょうか」

「へえ、なるほど〜。じゃあ、自分の状態がいいと、いい流れに
乗りやすい、自分の状態がよくないと、流れも悪くなりやすい、
ってことですか?」

「そうですね」

「じゃあ、運転手さんの場合、自分の状態をよくするための
一番のポイントは何ですか?」

「睡眠です」

私は、セミナーでよく、「運をつかむためには、“自分”と“流れ”を
知ることです」という話をします。

この運転手さんが教えてくれたのは、まさに、運をつかむも逃すも
“自分”次第、ということ。

だから、自分の状態をよくして、流れをつかむ感度を上げる。

感度を上げるには、体を調えることが大事というお話。

ぐっすりと眠って爽快に起きた日は、「今日はやるぞー」と
気分も盛り上がるし、「今日は、(流れの)いい日になるな」と
乗る前からわかるのだそうです。

そして実際に、その感覚と売上は見事に一致するのだとか。

おもしろい話ですね。

体を調え、自分の状態をよくして、流れをつかむアンテナを鋭敏に
する。それによって、流れをつかみ、よいお客がよいお客を呼ぶ
連鎖を呼び込む。

私たちの日々にも、同じヒントが生かせると思いました。
ご参考に。


 メルマガ後半を引用させて頂きました。
「◆転送・転載歓迎。ご自由にどうぞ。」
ということだったので。
 メルマガの引用といえばちょっとイヤな思い出があり、以前あるメルマガを紹介させて頂いて、あとで事後承諾のメールをさせて頂いたのである。
 そうすると、「ここを直せ」「あれを削除せよ」とか色々嫌味なことを書いた返信が来た。
 別に悪意ある紹介をしたわけではなかったのに。
 何でここまで悪く言われなくちゃいけないんだ、自分では「メールお待ちしています。気が弱いので悪口は書かないで」とか書いているくせに、これは何だと思ったものです。
 ということで、私のブログでは引用・転載歓迎します(但し、出典は明記して下さい)。
 
4408395641自分の四季を知り、負けない運をつくる 春夏秋冬占い
來夢
実業之日本社 2004-09-15

by G-Tools


「運」をつかむ法則!―春夏秋冬サイクルでわかる運の乗り方・活かし方「運」をつかむ法則!―春夏秋冬サイクルでわかる運の乗り方・活かし方
高島 亮 來夢

運は変えられる!―「自分を好きになること」から始めよう 仕事のヒント ザ・マインドマップ シュガーマンのマーケティング30の法則  お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは お金と正義(下)

by G-Tools

 
   ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ ★ミ

 ☆SFを考え、過去を考え、未来を考える
   20世紀少年少女SFクラブ
   SF KidなWeblog
 ☆睡眠を開発して成功しよう!
   睡眠開発計画
   睡眠開発計画weblog
 ☆相互紹介
   市井のディレッタント
   市井のディレッタント 冒険記
   【2007年】★大逆転カレンダー★!

 
posted by SF Kid at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

夜更かしすると頭が悪くなる……という記事

 またまた、ライブドアニュースから拾ってきた記事。
 
夜更かしすると頭が悪くなる?
  http://news.livedoor.com/article/detail/2911009/
 
 出典はこちら。
FPNニュースコミュニティ 夜更かしすると頭が悪くなる?
  http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=1926
 
 以下、引用。
 
2006-12-26 7:23:00 by mia
近頃「脳を鍛える」系の話題が耳目を集めている。

テレビでは、昼間の奥様番組、ゴールデンのクイズ番組などの視聴率が高いらしい。書・に行けば、この手の書籍のコーナーがかなりのスペースを占めている。任天堂DSの「脳を鍛える大人のDSトレーニング」シリーズは、全世界で850万本も売れたそうである。



「頭がよくなりたい」というのは、太古からの万人が切望してきたことだろう。その方法については、いろんな人がさまざまな論を唱え、「理論」なのか「属人的方法」なのか、よくわからなかった。 しかし、21世紀にはいる少し前から、「脳」に関する研究が成果をあげ始め、多くのことが科学的に証明されつつある。

続きを読む
posted by SF Kid at 12:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

睡眠時無呼吸症候群(SAS)患者200万人…失職の不安 企業も悩む

 ライブドアニュースに掲載されていた記事。
  http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2956511/detail
 
[睡眠障害]患者200万人…失職の不安 企業も悩む
 日中の病的な眠気により、運転などで重大事故につながる恐れがある睡眠時無呼吸症候群(SAS)。国内の患者は約200万人と推定されるが、国の対策は縦割りの弊害もあり進んでいない。職業ドライバーを抱える運送業界の現場でも、職を失う不安やプライバシー、費用負担など課題は山積している。【本多健、石川隆宣】

 「実は私もSASなんです。治療を受ければ改善しますよ」。管理職の一人が漏らした言葉をきっかけに、四国のある運送会社は約1000人の全従業員を対象に自己診断型の眠気指数テスト(ESS)を実施した。山陽新幹線の居眠り運転でSASの危険性が注目された03年のこと。経営陣が「放置できない」と危機感を抱いたからだった。
続きを読む
posted by SF Kid at 17:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 睡眠開発計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする